ご挨拶

“私たちが受けたい医療を患者様に”

当医院は、1986年に香川県高松市松縄町に開院いたしました。以来30年間にわたり、地域に密着した医院として、地域の皆様の健康を見つめ共に歩んでまいりました。
2014年には総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医の副院長も従事することとなり、更にレベルの高い診療体制をご提供する事ができる様になりました。

私たちは、“私たちが受けたい医療を患者様に”を心がけ、画一的な対応や治療ではなく患者様ひとりひとりの要望にあった医療を心がけております。
風邪、腹痛などの急性疾患はもちろん、胃潰瘍や高血圧、高脂血症などの慢性疾患や生活習慣病も診療しております。少しでも気にかかる症状がございましたら、遠慮なくご相談ください。

石川内科胃腸科医院
院長 石川喜久

院長略歴

石川 喜久 (イシカワ ヨシヒサ)
外科専門医、消化器病専門医

長崎大学医学部卒。
長崎大学第一外科、佐世保市立総合病院等を経て
1986年高松市松縄町にて開業。

副院長略歴

石川 哲朗 (イシカワ テツロウ)
総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医

福岡大学医学部卒。
京都大学消化器内科入局、京都大学附属病院、島田市民病院、大阪赤十字病院、高松赤十字病院を経て2014年より現職。

高松赤十字病院非常勤医師(外来、下部消化管内視鏡検査)

受付

お困りごとはお気軽にご相談ください

看護師

いつも笑顔で患者様に接しています。